学費の合計金額

大手予備校の医学部コース


高卒時に大学に進学できなければ予備校を利用するのが良いですが、その時はどの予備校に行くかの選択をしなければいけません。その時に選択肢としてあがりやすいのが全国に校舎などを持つ大手予備校かも知れません。ライブ授業が受けられる予備校なら全国の主要都市に校舎がありますし、映像授業を提供する予備校ならその他の地方でも受けられる時があります。気になるのは授業料になるでしょうが、医学部なら医学部コースになり大体年間で50万円から80万円ぐらいになっています。ただし選抜制の所が多く、優秀な学生ばかりが入校を希望してくるので学力が低い人だと入校できないときもあります。国公立医大コース私立医大コースに分かれていて、若干授業料に差があるようです。

低学力者も受け入れる医学部専門予備校


医学部を目指す人として中学ぐらいから優秀な学校で学んでいる人もいれば、受験前に医師の親から受けるように言われて勉強を始める人もいます。医師の親に言われて目指す人の中には高校の勉強もまともにしていない人もいて、当然ながら現役で医学部を受けても合格できません。そんな生徒でも受け入れてくれる医学部専門の予備校があり、1年から数年かけて合格レベルに引き上げ何とか医学部への合格を達成できるよう導いてくれます。医学部専門予備校の授業料は各学校でかなり差があり、低いところだと年間100万円前後で入れるところもあります。多くの学校は年間200万円から500万円ぐらいに設定されていて、複数年計画で合格を目指す人であれば学費の総額が数千万円以上になるときもあるでしょう。通学コースと全寮制コースが用意されていて、全寮制だと数百万円余計にかかるところもあります。